スタッフブログ

Staff Blog

建築現場・リフォームでの【 足場 (あしば) 】 とは (台風対策)

2021.05.27

こんにちは! 東京営業所 営業の有泉です。
今回は、建築現場でよく使用される「足場」についてご紹介します。

 

「足場」というと一般的にこのようなものを思い浮かべる方が多いと思います。

 

scaffold1

 

 

単純に「足場」といっても、何のことを指すかを説明したいと思います。
「足場」とは、建物の高い所に塗装、部材の取り付け又は取り外し作業をする際に、作業者を作業箇所に接近させて作業させるために設ける仮設の作業床や通路および、これを支持する仮設物を指します。
上記のことに当てはめると広い意味では家庭やホームセンターなどで使う「脚立」なども「足場」の1つに当たるのです。

 

scaffold3

 

 

余談ですが意外なところでは、サンゴやフジツボ・クモなどの生物が生息する場のことを指す言葉として、足場を使うことがあります。これらの生物は、自身がとどまるための岩やコンクリート・電線などがないと生きることができず土台(足場)となるものの環境に依存しています。


リフォーム工事の現場では、戸建ての屋根の工事・外壁の塗装や壁の張替えなどの工事・雨樋(雨どい)の取り換えなどの際に足場を使用します。
※特に土地が狭い地域では、隣のお宅との間にそれほど空間が無いため、梯子(ハシゴ)などが掛けられず調査やちょっとした補修でも足場が必要な場合があります。

 

scaffold2

 

 

また足場は、命を守るために重要なもののため橋梁工事足場、プラントなどで使用される吊り足場や高さ5m以上の足場の組立解体作業には、技能講習を終了した、足場の組立等作業主任者(足場作業主任者)を選任しなければならないといった決まりもあります。

 

そのようなこともあり足場に昇るにはヘルメット着用・安全帯着用が必須で、下にいる人もいつ上から物が落ちてくるかわかりませんので、足場の下で作業する場合もヘルメットの着用は大変重要な安全対策なのです。
そのため、足場を組んで家をリフォームされる際の見学も注意が必要となります。

 

scaffold4

 

 

ちなみに私は、高いところが苦手なため足場の上の作業は苦痛でした・・・。
そのようなこともあり足場の上で、スムーズに作業をしている職人さんの姿を見ると尊敬します。

 

さらに夏の工事現場の方を見ると、暑いのにヘルメットや長袖を着ての作業が大変そうだなとつくづく思っていましたが、最近は送風機付きファンがついているヘルメットやジャンバー・ベスト(空調服)が発売されており、建築現場の働き方改革も進んでいます!

 


近年、台風や豪雨被害が多発していますので、足場が飛ばないかなと心配な方も多いかもと思います。
当社では、足場に取り付けているメッシュシートが風であおられ、パイプごと飛ばないように台風前にメッシュシートの一方を外し、パイプにヒモで縛り(短い間隔で縛ります)飛ばないようにします。
もちろん、パイプの接合部分の緩みがないかの確認も実施しています。
(足場板は、ロックがかからないものの場合は外します)

 

 

 

 

 

なお下記エリアにお住まいの方・下記エリアへ引っ越し予定の方には、トイレのリフォームだけでなく、水回り全般(リビング含む)のリフォームなどのご相談やお見積りも行っております。
お気軽にご連絡ください。

※DAIKEN・YKK APなど、TOTO以外の各種商材も取り扱っております。

 


■ TOTOリモデルサービス ご対応エリア ■
東京都(世田谷区/杉並区/狛江市/調布市/港区/渋谷区/
    新宿区/中野区/目黒区/練馬区/三鷹市/武蔵野市)

 ⇒ ご相談・お見積りについて
神奈川県(川崎市多摩区)

 ⇒ ご相談・お見積りについて
滋賀県(湖南市/甲賀市/蒲生郡/東近江市/草津市/栗東市)

 ⇒ ご相談・お見積りについて
福岡県(北九州市/苅田町)

 ⇒ ご相談・お見積りについて


※上記近郊のエリアについては、お問い合せください。

※「 ライン・ZOOM・電話・問い合わせフォーム 」から、ご相談・見積り等が可能です。