洗面、その他のお役立ち情報 【 洗濯機 置き場・棚 】ロールスクリーンで目隠し!

更新日 :
東京営業所

こんにちは! 東京営業所の有木です。

 

今回は、実際の現場でのロールスクリーン設置例の紹介をします。
洗面所のリフォーム、洋室のリフォームの際にロールスクリーンを設置する機会が増えています。ちなみに別名「ロールカーテン」とも言います。

 

~ドアの代わりとして~

もともとは引戸のドアでしたが、ロールスクリーンにリフォームした実例です。
洗面化粧台の取替えの際、洗面化粧台の幅を広げた事で、もともと開き扉だったドアが化粧台とぶつかり使い勝手が悪くなるため、当社プランナーがロールスクリーンを提案させていただきました。

 

”

 

 

見た目もスッキリして違和感ないですね。
余談ですが、ドアを撤去しロールスクリーンを設置しただけでなく、収納スペースは可動棚を取付けることでさらに使い勝手が良くなるようにリフォームしています。

 

こちらの事例の詳細は

 

 

~間仕切りとして~

こちらの現場は、間仕切りとしてロールスクリーンを取付けました。
入浴中に他の人が洗面所を使いたいときに間仕切りがあると洗面所と浴室が同時に使用できるので便利ですね。

 

”

 

 

こちらの事例の詳細は

 


~洗濯機の置き場の目隠しとして~

多くのお宅では洗濯機置き場は、洗面所にあることが多いです。
ちょっとした来客の際に、洗濯機置き場を隠せるとそれだけで洗面所がスッキリしてきれいに見えます。

 

”

 

 

”

 

こちらの事例の詳細は

 

 

以前にもコラム(記事)で紹介しましたが、洗濯機置き場が隠せるようにロールスクリーンを設置。
写真のお宅はもともと洗濯置き場に両サイドにスライド収納するドアがありました。ドアはスライドして洗濯機横に片づけるタイプでした。この場合、意外にドアの厚み分場所を取ってしまうことがあります。

 

ロールスクリーンにすると洗濯機の収納スペースも増え、洗濯機横にこちらのお宅では15cmの収納スペースができました。
※洗濯機上に可動棚も取付けました

 

洗濯は日常のこと。
よく使う場所は使い勝手を良くしたいですね。
 


 

 

 

プランナー松本の例

元々、こちらのお宅は洗濯機置き場に扉(折戸)があり、洗濯機を使用する度に扉を開閉する必要がありました。

扉は、開けっ放しにすることも多いとのことで、開けっ放しにするにしても扉が邪魔で、使い勝手も見た目も悩ましい状況でした。

 

 

 

 

今回は、洗濯機置き場の扉を枠ごと撤去して、天井にロールスクリーンを設置させて頂きました。

 

洗濯機を簡単に目隠しでき、操作はチェーン式です。

ロールスクリーンは天井に設置されているため、洗濯機使用時にロールスクリーンを巻き上げても、邪魔になりません!

 

 

 

 

 

ちなみに今回は、洗濯機パンと洗濯機水栓も一緒に交換しております。

気になる所はリフォームの時に一緒に直しておくと、全体的に気持ちよく、満足度も高いのかな、と感じております。

 

ちょっとしたことですが、お客様の日々の不満を少しでも改善できたら嬉しいです。

 


選ばれる理由

信頼感・安心感を重視したい

費用のこと、ライフスタイルのこと、将来のこと、リフォームの際にはさまざまなことを考慮しなければいけません。
自分たちだけでは答えが出ないことも多々あると思います。そんな時の住まいのコンシェルジュとして、“相談してよかった”と思っていただける会社を目指しています。

詳しく見る

水回りをリフォームしたい

TOTOリモデルサービスは住宅設備メーカーTOTOのグループ会社です。
日本住宅における住宅設備の歴史、トレンド、専門家でも苦手意識の強い給排水知識にいたるまで、TOTOが長年培ってきた水まわりの知識と技術を継承しています。

詳しく見る

ちゃんと対応してくれる営業に担当してほしい

最初の打合せから現場調査、リフォーム後の引き渡しまで、一貫して同じ担当者が対応します。お客さまの想いを共有した担当者が現場管理も行いますので、思ついたことや不安なことまで、いつでも何でも相談してください。

詳しく見る