リビング・収納、外壁・屋根、その他のお役立ち情報 木製サッシから「 アルミサッシ 」への取替えリフォーム

更新日 : 2022.05.24
滋賀営業所

こんにちは! 滋賀営業所 営業の大西・伊藤です。

 

今年は次世代住宅ポイントの制度もあり、窓サッシの取替リフォームをたくさんご依頼いただきましたのでご紹介いたします。

 

<リフォーム前>

 

昔ながらの立派な縁側です!!

しかし、とにかく寒い・・・

そこで、木製の単板ガラスサッシを取替えることにいたしました。

 

そしてさっそく交換させていただいたのがコチラです。

 

<リフォーム後>

 

外観を損なわないようにアルミサッシの「ペアガラス」を取付させていただきました。

 

開口部は広くて日がたくさん入るため、上部の小窓は壁にするご提案をさせていただきました。

 

縁側サッシの上部小窓は、掃除もしにくく、開けた覚えもないかな・・・?

というくらい使っておられないお客様は多いですね。

 

<工事中>

 

<工事中>

 

中に断熱材を入れて、外側は漆喰で仕上げ、外観もバッチリ決まっています。

そして、冷気が入る縁の下もブロックで塞ぐことで底冷え対策とし、落ち葉や動物が入らないようにしました。

 

<内観>

 

部屋の内側は、じゅらくが塗ってあるクロスを施工しました。

こちらも家の雰囲気と調和して違和感はありません。

 

 

その他、何カ所か内窓を設置させていただきました。

 

<リフォーム後>

 

<リフォーム後>

 

 

窓まわりは交換した後、体感してその違いがわかりやいリフォームのひとつです。

実際にお客様からは、「部屋の温度が変わった」「外の音が聞こえなくなった」などのご感想が多く、大変評価が高いです。

 

家の窓や建具を交換する際、既製品がそのままハマることは滅多にありません。

しっかりと正確にプロが採寸し、ミリ単位でモノを製作します。

そして大工さんが、施工する家の壁・床などを造作(加工)して取付けできる状態にしていきます。

 

 

 

 

その他の事例

 

今回、ご紹介するお家は寝室に面する窓が木製の大きな窓で、冬場はかなり冷え込むためアルミサッシへの取替えを希望された実例です。

 

リフォーム前

 

ガラスはペアガラスではなく単板ガラス、枠は木製のため風が強いとガタガタいいます。

 

リフォーム後

 

しっかり丈夫なアルミサッシにすることで、すきま風の心配も無くなりました。

寒さも以前と比べてかなり良くなったとお客様より声をいただいております。

 

 

 

窓のリフォームは、取替え以外でも内窓やガラス交換等、色々な方法があります。

条件によっては、国や県の施策(補助金)も活用できます。

みなさんも寒い冬を迎える前に、窓をぜひ変えてみませんか・・・?

 


選ばれる理由

信頼感・安心感を重視したい

費用のこと、ライフスタイルのこと、将来のこと、リフォームの際にはさまざまなことを考慮しなければいけません。
自分たちだけでは答えが出ないことも多々あると思います。そんな時の住まいのコンシェルジュとして、“相談してよかった”と思っていただける会社を目指しています。

詳しく見る

水回りをリフォームしたい

TOTOリモデルサービスは住宅設備メーカーTOTOのグループ会社です。
日本住宅における住宅設備の歴史、トレンド、専門家でも苦手意識の強い給排水知識にいたるまで、TOTOが長年培ってきた水まわりの知識と技術を継承しています。

詳しく見る

ちゃんと対応してくれる営業に担当してほしい

最初の打合せから現場調査、リフォーム後の引き渡しまで、一貫して同じ担当者が対応します。お客さまの想いを共有した担当者が現場管理も行いますので、思ついたことや不安なことまで、いつでも何でも相談してください。

詳しく見る