スタッフブログ

Staff Blog

「窓の断熱リフォーム」で【 補助金 】活用する方法

2021.09.04

こんにちは! 東京営業所 営業アシスタントの古市です。
今回は「窓の断熱リフォーム」と「補助金」のお話です。

 

「窓の断熱」というと多くの方が、「冬・結露・寒さ・暑さ・熱中症」などを連想すると思います。

窓のリフォームを検討する場合「これから寒くなるから」「冬になると結露するから」「夏に室内の温度が高くなりすぎるから」などをきっかけに検討するものの

 

皆さんこんなふうに考えて、ずっと我慢していませんか?
「寒いけど、結露するけど今の住まいで住めないことない」
「断熱リフォームは、家全部をやらないと効果がない」
「断熱工事が大変だし、よくわからないし、お金もかかるからこのままでもいい」

 

家丸ごと断熱リフォームしないと効果ないし・・・確かにこれは正しいです。

 

私自身そう思っていました。

 

 

でも、断熱性能を改善する方法は、必ずしも「丸ごと」でなくてもいいのではないかと最近は思います。

 

断熱の改善は、「断熱的に弱い部分」から改善する方が効率的です。
(弱い部分とは、夏に外の熱がたくさん入り、冬にたくさん逃げる場所のこと)
 

下の図をみてわかりますように「窓」が弱いですね。

””

 

夏は、エアコンの効きがいまいちだから、設定温度を下げる。
冬は、エアコンだけでは寒いから、ファンヒーターをつける。
または、床暖房がほしいなど、お気持ちはわかります。

””


 

しかしよく考えると、窓から熱が入ってきたり出て行ったりする部屋を、冷やしたり、温めているということではないですか?
わかりやすく「穴の開いたバケツに水を入れている」と言われたりします。
 

 

 

その次は外壁ですが、外壁の断熱リフォームは、内装をはがしたりと大掛かりな工事になることが多いです。
外壁に比べると窓の断熱リフォームは、工事が簡単です。
 

 

 

窓の断熱リフォームは、大きく3つの方法があります。

① 窓交換 → 既存の窓を撤去して、新しく断熱性の高い窓を設置する。

② 内窓 → 既存の窓の部屋側にもう一つ窓を設置し二重窓にする。

③ ガラス交換 → 既存の単板ガラスを、断熱性の高い複層ガラスに交換する。
 


① ~ ③で、工事が簡単で、断熱効果が高いのは、②内窓設置(二重窓)です。
ただし窓を開ける場合は、2回ガラガラと開けることになり面倒なのが欠点ですが、暖房費は減ると思います。

 

 

また、製品や大きさ等の制限を満たせば、① ~ ③のどれも補助金利用が可能で、窓を何ヵ所工事するかによって、利用する補助金も変わってきます。


例えば、当社の東京営業所のある世田谷区にお住まいで、リビングと寝室の窓に内窓を設置する場合、次の3つの補助金利用が可能です。

1.国の補助金 → グリーン住宅ポイント(申請は50,000ポイントから)
2.都の補助金 → 家庭における熱の有効利用促進事業(高断熱窓・ドア)
3.区の補助金 → 世田谷区環境配慮型住宅リノベーション推進事業補助金

 

それぞれの補助金に決められた利用条件がありますので、必ず条件の確認が必要です。
そして、申請のタイミングや審査にかかる期間もそれぞれなので、工事までに意外と時間がかかります。

 

ちなみに・・・・
グリーン住宅ポイントは、工事完了後に提出する申請書類の受付が今年の10月31日までです。

 

 

東京都は交付申請し、その決定後(およそ2ヵ月後)に契約・工事します。
世田谷区も交付申請・決定後に、契約・工事ですが、早めに補助金の予算に達してしまうことが多いようです。

年度始めに公表されるため、寒くなり始める秋では、国や自治体(区)の補助金は終わっている可能性が高いのです。
ただし区(市)の補助金は、工事後に申請するところもあるので、お住まいの区(市)役所にご確認ください。

 

 


 
たかが窓ですが、されど窓です。

窓を断熱する効果は、非常に大きいと思います。


実は、我が家もリビングに内窓をつけました。

以前は冬にはガスファンヒーターで暖房していましたが、内窓設置後は全く使わなくなり、エアコン暖房のみで過ごしています。もちろん不快な結露もありません。
そして、夏の冷房にも効果的です。

とはいえ、効果を実感しやすいのはやはり冬ですね。

暖房費は一番多い月で、2,000円程減りました!
 

 

ガラスは、日射を遮蔽するタイプや断熱を優先するタイプなど、いろいろありますので、お部屋の条件に合ったタイプをご提案いたします。

 

窓の断熱改修は、補助金が利用できることが多いところです。
補助金を使ってお得に「快適」なお部屋で過ごしていただきたいと思います。
 

 

 

TOTOリモデルサービスでは、補助金のご相談も含め、お見積を承っております。
当社に工事をお任せいただく場合は、補助金の手続きもすべて無料で代行いたします。

 

 

■参考になるホームページ

グリーン住宅ポイント(https://greenpt.mlit.go.jp/)

 

既存住宅における断熱リフォーム支援事業(http://www.heco-hojo.jp/yR03/danref/index.html)
 

家庭における熱の有効利用促進事業(高断熱窓・ドア)(https://www.tokyo-co2down.jp/subsidy/window_door)

 

住宅リフォームの補助金(住宅リフォーム推進協議会)(http://www.j-reform.com/r-hojyo/)
 

 

 

 

 

なお下記エリアにお住まいの方・下記エリアへ引っ越し予定の方には、トイレのリフォームだけでなく、水回り全般(リビング含む)のリフォームなどのご相談やお見積りも行っております。
お気軽にご連絡ください。

※DAIKEN・YKK APなど、TOTO以外の各種商材も取り扱っております。

 


■ TOTOリモデルサービス ご対応エリア ■
東京都(世田谷区/杉並区/狛江市/調布市/港区/渋谷区/
    新宿区/中野区/目黒区/練馬区/三鷹市/武蔵野市)

 ⇒ ご相談・お見積りについて
神奈川県(川崎市多摩区)

 ⇒ ご相談・お見積りについて
滋賀県(湖南市/甲賀市/蒲生郡/東近江市/草津市/栗東市)

 ⇒ ご相談・お見積りについて
福岡県(北九州市/苅田町)

 ⇒ ご相談・お見積りについて


※上記近郊のエリアについては、お問い合せください。

※「 ライン・ZOOM・電話・問い合わせフォーム 」から、ご相談・見積り等が可能です。