【北九州・滋賀のリフォーム情報】
『 アスベスト入りスレート屋根 』をカバー工法で屋根リフォーム

更新日 :

今回ご紹介する事例は、屋根リフォームです。

既存のアスベスト入りのスレート屋根を撤去することなく、カバー工法にて屋根リフォームをしました。

 

■ アスベスト入りのスレ-ト屋根

2004年以前、屋根のスレ-ト材料には、がんの原因になりやすいアスベスト(石綿)が使用されていました。

現在では製造・販売・使用共に中止となっていますが、まだ屋根にアスベスト材が含まれている建物も残っています。

 

【工事をするきっかけ】

・スレ-ト屋根に複数ヶ所大・小の穴が開いていた。

・雨漏れがひどくなった。

・屋根の老朽化により台風等きたら壊れそうだった。

 

 

リフォーム前は、アスベスト入りのスレート屋根です。

 

<リフォーム前>

 

 

昇降用足場は、屋根の切妻側に2か所設置しました。

スレート屋根の大きさは90㎡。

上の写真は、屋根の材料を荷揚げしているところです。

 

<工事準備>

 

 

使用する材料を仮置きしています。

材料は、ガルバニウム鋼板です。

 

<仮置き>

 

 

ビスのピッチを測定しています。

 

<施工中>

 

 

ビス打ち作業をしています。

 

<施工中>

 

 

ケラバ包み作業をしています。

ケラバ包みとは、簡単に言ってしまえば端部の処理のことです。

 

<施工中>

 

 

棟を設置しています。

 

<施工中>

 

 

雪止めを設置しています。

 

<施工中>

 

 

【お客様の声】

雨漏れがなくなり、良かったです。

カバ-工法によりスレ-トの解体作業費が抑えられたうえ、工期が短縮できました。

全体的に老朽化は進行していますが、カバー工法で補強でき、安心しました。

 

 

 

別の実例(アスベストではない)

通常、屋根のメンテナンスの方法としては、葺き替えや塗装が主流です。

今回ご紹介するカバー工法は、読んで字のごとく既存の屋根に被せる形で金属屋根を設置します。

 

こちらの現場は、台風で屋根部材の一部が飛んでしまったのがきっかけでお話をいただきました。

既存の屋根は、カラーベストでした。

 

<工事前>

 

 

一番安価な塗装を選ばれなかった理由としては、お客様の想いと合致した商品が金属屋根だったからです。

今回、塗装しても葺き替えをしても10年~15年でもう一度工事が必要で、カラーベストは、何度か塗装するとめくれやすくなるため施工ができなくなります。

一方、今回施工した金属屋根は、変色や塗膜保証が20年付いており安心です。

 

さて、いよいよ工事に入りました。金属屋根を施工する前に既存の板金を取外し、ルーフィング(雨予防)施工します。

 

<工事中>

 

 

これで雨が屋根から入る心配はありません。

金属屋根を被せて完成です。

 

<完成>

 

 

文: 財木・伊藤

 

 


FacebookXLineCopy link text

選ばれる理由

信頼感・安心感を重視したい

費用のこと、ライフスタイルのこと、将来のこと、リフォームの際にはさまざまなことを考慮しなければいけません。
自分たちだけでは答えが出ないことも多々あると思います。そんな時の住まいのコンシェルジュとして、“相談してよかった”と思っていただける会社を目指しています。

詳しく見る

水回りをリフォームしたい

TOTOリモデルサービスは住宅設備メーカーTOTOのグループ会社です。
日本住宅における住宅設備の歴史、トレンド、専門家でも苦手意識の強い給排水知識にいたるまで、TOTOが長年培ってきた水まわりの知識と技術を継承しています。

詳しく見る

ちゃんと対応してくれる営業に担当してほしい

最初の打合せから現場調査、リフォーム後の引き渡しまで、一貫して同じ担当者が対応します。お客さまの想いを共有した担当者が現場管理も行いますので、思ついたことや不安なことまで、いつでも何でも相談してください。

詳しく見る