スタッフブログ

Staff Blog

不在時はもちろん、在宅時も非接触で受け取れる!便利な宅配ボックス

2020.07.09

皆さんこんにちは。東京営業所有泉です。

本日は自宅で便利に使っている宅配ボックスを紹介させていただきます。

 

 

コロナウイルスの感染拡大に伴いまして、4月より在宅勤務が始まりました。

人との接触を避ける必要が生じていたことはご承知の通りです。

そんな中で、我が家では宅配ボックスが重宝しています。

もともと体が不自由で再配達を依頼するにもすぐに玄関に出られないことがある上に、仕事で不在していることが多かったので、宅配ボックスが発売された時はすぐに購入し、自分で取付けました。

 

<自宅の宅配ボックス>

 

まだ世間では認知度も低く、取付けた当初は『不在のため持ち帰りました』と不在票が頻繁に入っていました。

そこで、対面で受け取る際に、宅配便のドライバーさんに直接『私は体が不自由なこともありすぐに玄関に出られないこともあるため、インターホンを鳴らして直接宅配ボックスに入れてください』とお願いし続けました。

その結果、現在ではインターホンが鳴って玄関のドアを開けると、ドライバーさんが宅配ボックスを閉めようとしているところに遭遇する機会が増え、今では特に連絡をしなくても荷物を宅配ボックスに入れていただけるようになりました。

最近の伝票には『宅配ボックスに入れています』と表記があります。

 

コロナの在宅期間も平均して1週間に2便程度宅配の利用をしていましたが、ほぼほぼ翌日の朝に新聞を取り入れる際に荷物を出すといった流れでストレスなく利用できていました(クール便等を注文するようなことがありませんので)。

 

現在は、取り付け当初の荷物を入れていってもらえないストレスも解消し、快適な宅配ボックス利用生活を送っています。

また、コロナ感染防止として非接触で受け取ることができ、大変便利です!!

 

 

多種多様なサイズ取り付け場所のご用意がございますので、


・共働の方
・私のように体が不自由ですぐに玄関に出られない方
・宅配をよく利用される方、宅配便の不在表が頻繁に入る方
・置配が気になる方

 

この機会に取り付けの検討をされてはいかがでしょうか?

自宅の宅配ボックスこんな感じです。

 

<自宅の宅配ボックス>

 

<自宅の宅配ボックス>

 

Panasonic製でミドルタイプです。

ちなみにPanasonic製容量は次の写真ようにトイレットペーパー12ロール×2程度入ります。

 

<自宅の宅配ボックス>

 

カタログではペットボトル2リットルの6本の箱が入る容量といえばお分かりいただけるかと思います。

 

 

宅配ボックスで注意点!!

宅配ボックスの容量に関わらず一回の配達で使用した場合、一度取り出さないと別の宅配便は受け取れません。

注文のタイミングをずらすなど考えての注文が必要です

 

また、最近は商品のバリエーションも増えております。

 

引用:YKKAPホームページより

 

写真の商品は、YKKAPの商品ですが、インターホン、ポストもついた宅配ボックスシリーズです。

 

 

 


【2020/7/8~8/31まで!暮らしを楽しむリフォームキャンペーン!】