スタッフブログ

Staff Blog

便器交換なら内装も一緒にリフォームするとお得!

2020.06.04

こんにちは。鈴木泰星です。

トイレ機器が古くなってきたということで、便器交換と内装のリフォームを行った現場のご紹介をします。

 

リフォーム前もとても綺麗にお使いでした。

 

リフォーム前

 

リフォーム後


 
トイレの内装材は当初から正面の壁にブルー系のアクセントカラーをご希望でした。

お客様ご自身でサンプルカタログをご覧になられ、壁紙、床材(クッションフロア)をお選びになりました。

 

アクセントクロスには北欧で人気の高いフィンレイソンのVERANTA。

正面の壁にブルー系のVERANTAをセレクトなさったので、両サイドには同色系の無地の壁紙を。

床は、フローリング風のクッションフロアで落ち着きのあるカラーをセレクトしました。

便器がタンクレストイレで背面の壁が見えるので、アクセントクロスの柄がとても映える空間になりました。

 

 

トイレをリフォームする際、便器交換だけでももちろん可能です。

しかし、もしご予算があるようでしたら、今回ご紹介した現場のようにクロスの交換(トイレの内装工事)も一緒にお勧めしております。

 

理由は・・・

内装工事を後から行うと、内装工事を行うためにトイレの脱着工事が必要になります。(トイレの背面は手が入らず張替え工事が不可能なため)

トイレの脱着工事は設備業者に行ってもらう形になりますので、業者が工事を行う回数が2回になってしまいます。

トイレ交換と内装工事を一括で行うと設備業者の手配が一回で済むので安価に抑えられる場合があります。

 

<トイレ交換と内装工事を別工事にした場合>

 ① トイレ交換工事・・・・既存トイレ外し →    →    → 新規トイレ取付

 ② 内装張替工事・・・・・トイレ外し   → 内装張替 → トイレ取付

それぞれの工事でほぼ同様の作業が出てきてしまい、工事費用がかかってしまいます。

 

<トイレ交換と内装工事を同時に工事した場合>

 トイレ内一括工事・・・既存トイレ外し → 内装張替 →  新規トイレ取付

同時に工事を行うことで、別工事を行うより合計価格が安価で済む場合があります。

 

 

今回のお客様は弊社にご相談に来ていただいた段階で内装工事をご希望でしたので、そのまま進めさせていただきました。

現在、トイレリフォームをご検討中のお客様に少しでも参考にしていただければと思います。

カテゴリ

スタッフブログ

リフォーム情報etc...

  • イベント情報
  • リフォームの小ネタ
  • スタッフブログ
  • よくある質問