スタッフブログ

Staff Blog

エクステリア / ウッドデッキリフォーム工事

2020.04.03

こんにちは、営業Gの笹沼です。

ウッドデッキリフォーム工事をご紹介させて頂きます。

 

リフォーム前

 

リフォーム後

 

リフォーム後

 

ウッドデッキが台風で破損してしまい、改修するご相談を頂きました。

 

台風が破損の致命傷ですが、木材の老朽化も進んでいたため破損してしまった状況でした。

今回工事ではハードウッドのセランガンバツをお勧めさせて頂き、ウッドデッキのつくり直しを実施しました。

 

ハードウッドは高級木材です。

とても硬い材料なため、加工が困難でビスで固定するのも一苦労する材料です。

材料費、施工費とも初期費用がかかりますが、木の繊維が非常に密で、腐食や水分による腐食に大変強く、防腐剤や塗装のメンテナンスをしなくても20年以上もつといわれております。

 

一般的には安価でDIYでもできるソフトウッドでつくられているデッキも多くあり、こちらの場合は2~3年おきに塗装や防腐処理のメンテナンスが必要です。

手間や費用を長期的に考えるとウッドデッキのような外部で使用する際はハードウッドを推奨しております。

 

シロアリ被害

 

今回、解体した既存のウッドデッキは腐食しておりました。

シロアリを寄せ付ける原因にもなりますので、老朽化のすすんだウッドデッキは早めのリフォームをおススメさせていただきます。

カテゴリ

スタッフブログ

リフォーム情報etc...

  • イベント情報
  • リフォームの小ネタ
  • スタッフブログ
  • よくある質問