スタッフブログ

Staff Blog

台風被害の修理 / 屋根の棟板金交換

2020.04.03

こんにちは、営業Gの笹沼です。

前回、台風被害現場の点検の様子をブログにアップさせていただきましたが、今回は修理工事の様子をご紹介させていただきます。

 

▼前回の記事はこちらから

https://trs.jp.toto.com/tokyo/blog/post_560

 

 

ご紹介するのは、屋根の棟板金の交換現場です。

被害状況はこちら。

 

台風被害

 

経年劣化がある屋根に強風が吹き付けた影響で、棟の板金部がめくれてしまっています。

 

また、剥がれ落ちている箇所もありました。

 

 

 

貫板と呼ばれる下地を施工し、新規の板金を設置する工事を行います。

 

この現場は現状が非常に高価な部材の「銅」を使用しておりましたが、修理では現在主流の錆びない金属「ガルバニウム鋼板」を選定しました。

 

 

 

工事中、工事後の様子はこちらです。

 

 

工事中

 

工事後

 

工事中

 

工事後

 

金属の接合部は、コーキングで固定します。

 

釘で止めている屋根も年数が経つと釘が抜けてきてしまい、不具合が発生してきます。

 

そのような箇所はビスで再固定して、今後の被害を未然に防ぎます。

 

 

工事前

 

工事後

 

屋根、外壁で気になるところがある場合は、一度点検されることをお勧めします。

カテゴリ

スタッフブログ

リフォーム情報etc...

  • イベント情報
  • リフォームの小ネタ
  • スタッフブログ
  • よくある質問