スタッフブログ

Staff Blog

中野区 / LIXILタンクレストイレの取付リフォーム

2020.02.13

みなさん、こんにちは。栗原です。

今回のブログはトイレ改修工事の事例をご紹介します。

 

中野区の一戸建て(築35年)にLIXILのタンクトイレ “サティス” を収めて来ました。

 

お客様がご要望くださったTOTOネオレストではどのタイプを選んでも既設便器よりもサイズが大型となり、空間が狭くなってしまうという問題がありました。

もともとトイレ内の有効空間があまり広くなく、便器の先からトイレ正面のドアまでの距離が近くなりすぎてしまい、立ち座り時の動作も不自由で、頭をドアにぶつけてしまう恐れがあります。

 

リフォーム前

 

お客様はショールームで見たタンクレストイレのスッキリとしたデザインを大変気に入っており、どうせリフォームするなら何とかタンクレスを収められないか、と切望されておりました。

 

 

そこで今回はTOTOでなく、世界最小※を謳う、LIXILサティスSタイプをお客様にご提案致しました。

※2018年10月現在/INAX調べ

 

LIXILホームページより引用

 

サティスSは従来のタンク付トイレよりも140mmコンパクトな仕上がりで、心配していた正面のドアとの距離も確保が可能。

更にTOTOのワンデーリモデルタイプ同様に、専用の給排水工事不要で手洗器が設置できる手洗器付き仕様があるため、お客様もご納得いただき、工事ご契約となりました。

 

 

実際にトイレを取り替えた後の写真はコチラです。

 

リフォーム後のトイレ(LIXILサティス)
リフォーム後

 

トイレの設置以外にも、給水管の移設や手洗器、手すり設置のための壁下地補強工事、内装貼替工事を行っております。

 

内装の全体的なイメージは元の雰囲気を残し、とても機能的でスッキリしたトイレ空間に生まれ変わりました。

手すりや紙巻器、タオルリングはTOTO製をご採用いただいております。

 

ちなみにこのサティス、便器の中が青く光ります。

 

便器の中が青く光るLIXILサティス

 

光っている間は鉢内をプラズマクラスターで除菌しているんだとか。

水のかからない便座裏や便器内に行き渡り、浮遊カビ菌や附着菌を除去し、さらにトイレの嫌なニオイまで消臭してくれる優れモノ。

 

LIXILホームページより引用

 

サティスの商品名の語源が『SATISFACTON=満足』とだけあって、色々工夫されていますね。

 

 

今回はLIXILのタンクレストイレでしたが、お客様のご要望やライフスタイルなどに合わせて、より良いご提案が出来ればと思っております。

カテゴリ

スタッフブログ

リフォーム情報etc...

  • イベント情報
  • リフォームの小ネタ
  • スタッフブログ
  • よくある質問