浴室のお役立ち情報 ユニットバス リフォーム工事『 流れ・工程 』

更新日 :
東京営業所

こんにちは!

 

今回は、浴室のリフォームを検討されているお客さまから、工事の工程やスケジュールなどが分からないとご質問を受けましたので、マンションの浴室リフォーム工事(ユニットバスのリフォーム工事)の流れについてご紹介させていただきます。

 

弊社で施工する際の一般的な流れは下記のようになります。

※お宅の状況、施工するユニットバスの商品・サイズにより異なります。

 

 

工事期間(4日~)

 

1日目: 養生 ⇒ 現状のユニットバスの解体 ⇒ 廃材処分 ⇒ 水道・電気工事

 

2日目: 新しいユニットバスの組立て

 

3日目: ユニットバス扉枠の施工(大工工事)

 

4日目: 壁・床の内装工事 ⇒ クリーニング

 

お引き渡し

 

 

 

1日目

■ 養生(9時~10時頃)

養生は工事中の通路を傷つけない、汚さないために実施します。

また、弊社では在宅での工事がほとんどですので、お客様が生活しているエリアに粉塵等が極力いかないように養生を行います。

 

 

 

 

 

 

■ 現状のユニットバスの解体(10時頃~12時頃迄)

工事で一番騒音が発生する工程です。出来ればこの時間は外出されることをおすすめします。

解体したユニットバスは外部にまとめて、廃材処理業者に処分場まで運搬してもらいます。

 

 

 

 

 

 

■ 水道・電気工事(13時頃~)

新しいユニットバスの形状に合わせて水・お湯・排水の配管を行います。電気も同様に配線します。

 

 

 

 

 

 

2日目

■ 新しいユニットバス組立て(9時~)

※1日目の午後から組み立て始める場合もございます。

組み立て作業は2~3名の専門職人で施工します。

1日で完了するケースがほとんどですが、2日以上かかる場合もございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

3日目

■ 扉枠の設置(9時~14時頃迄)

ユニットバスの扉のサイズや位置が変わるため、扉枠の交換が必須です。

早ければ午前中に完了することもあります。

 

 

 

 

 

 

4日目

■ クロス・クッションフロア貼り(9時~)

扉枠同様、扉のサイズ、位置が変わるため、ほとんどのお宅で内装工事が必要になります。

脱衣室全体(床・壁・天井)を行うことが多いですが、壁1面のみ等、施工範囲を最小限に抑えるケースもあります。

 

 

 

 

■ クリーニング(15時~17時頃迄)

お客様へ引き渡し前のクリーニングを行います。

 

 

 

 

 

お引き渡しです!

 

 

 

 

大まかですが、以上のような流れで工事を行います。

 

↓工事の動画がございますのでよろしければご覧ください。

https://jp.toto.com/reform/library/start/space_info/bath/term.htm

 


選ばれる理由

信頼感・安心感を重視したい

費用のこと、ライフスタイルのこと、将来のこと、リフォームの際にはさまざまなことを考慮しなければいけません。
自分たちだけでは答えが出ないことも多々あると思います。そんな時の住まいのコンシェルジュとして、“相談してよかった”と思っていただける会社を目指しています。

詳しく見る

水回りをリフォームしたい

TOTOリモデルサービスは住宅設備メーカーTOTOのグループ会社です。
日本住宅における住宅設備の歴史、トレンド、専門家でも苦手意識の強い給排水知識にいたるまで、TOTOが長年培ってきた水まわりの知識と技術を継承しています。

詳しく見る

ちゃんと対応してくれる営業に担当してほしい

最初の打合せから現場調査、リフォーム後の引き渡しまで、一貫して同じ担当者が対応します。お客さまの想いを共有した担当者が現場管理も行いますので、思ついたことや不安なことまで、いつでも何でも相談してください。

詳しく見る