社長ブログ

The President Blog

被災地ボランティアに行ってきました

2020.07.29

みなさま、こんにちは。

7月19日、20日の2日間、先の豪雨により大変な被害を受けた熊本県人吉市にボランティア活動をしに行ってきました。

ご存知のとおり、COVID-19感染防止のために地元の社会福祉協議会を中心にどこも県内在住者を限定して募集しており、活動出来る団体を探し当てるのに苦労しましたが、感染防止策をしっかりとった上で
県外在住者も広く募集している非営利団体に辿り着き、何とか参加することが出来ました。

 

 

報道されている情報を見てはいましたが、現地は想像を超えた大変な被害の状況で、改めて自然のもつ凄まじいエネルギーにただただ圧倒され、言葉も出ません。

 

<西瀬橋>

 

人吉市内に掛かる橋。橋げたの一部が流されてしまっています。

 

 

 

<人吉市内>

 

人吉市内で最も深く水に浸かったエリア。写真右側の建物は3階まで水に浸かりました。

 

 

 

<球磨村渡地区>

 

報道にも出ている「千寿園」近く。球磨川流域でも特に被害の大きかったエリア。家も車も流されてます。

 

 

私がお手伝いした作業は、土間の泥の掻き出し(泥を掻き出し、洗い流し、洗った泥水を全て排出して水が溜まってない状態にまでしないといけません)と、水に浸かって利用不可能になった家電・家財道具・畳などの撤去と災害ごみ処理場への移送でした。

 

<被災宅屋内>

 

床材を剥いで大引と根太の状態にし、土間の泥を全て掻き出します。

 

 

 

<被災宅屋外>

 

災害ごみは敷地内にあると自衛隊が引き取れないので、敷地外まで運び出します。

 

 

発災後2週間が経過し、被災した皆さんは日々終わりの見えない作業を続ける中で疲れきっておられます。

私1人の2日間の作業では出来ることは限られますが、まだまだ復興までの長い道のり、行かないよりはマシと信じて今後も機会を見つけて参加したいと思います。