社長ブログ

The President Blog

被災地ボランティアに行ってきました

2020.07.29

みなさま、こんにちは。

7月19日、20日の2日間、先の豪雨により大変な被害を受けた熊本県人吉市にボランティア活動をしに行ってきました。

ご存知のとおり、COVID-19感染防止のために地元の社会福祉協議会を中心にどこも県内在住者を限定して募集しており、活動出来る団体を探し当てるのに苦労しましたが、感染防止策をしっかりとった上で
県外在住者も広く募集している非営利団体に辿り着き、何とか参加することが出来ました。

 

 

報道されている情報を見てはいましたが、現地は想像を超えた大変な被害の状況で、改めて自然のもつ凄まじいエネルギーにただただ圧倒され、言葉も出ません。

 

<西瀬橋>

 

人吉市内に掛かる橋。橋げたの一部が流されてしまっています。

 

 

 

<人吉市内>

 

人吉市内で最も深く水に浸かったエリア。写真右側の建物は3階まで水に浸かりました。

 

 

 

<球磨村渡地区>

 

報道にも出ている「千寿園」近く。球磨川流域でも特に被害の大きかったエリア。家も車も流されてます。

 

 

私がお手伝いした作業は、土間の泥の掻き出し(泥を掻き出し、洗い流し、洗った泥水を全て排出して水が溜まってない状態にまでしないといけません)と、水に浸かって利用不可能になった家電・家財道具・畳などの撤去と災害ごみ処理場への移送でした。

 

<被災宅屋内>

 

床材を剥いで大引と根太の状態にし、土間の泥を全て掻き出します。

 

 

 

<被災宅屋外>

 

災害ごみは敷地内にあると自衛隊が引き取れないので、敷地外まで運び出します。

 

 

発災後2週間が経過し、被災した皆さんは日々終わりの見えない作業を続ける中で疲れきっておられます。

私1人の2日間の作業では出来ることは限られますが、まだまだ復興までの長い道のり、行かないよりはマシと信じて今後も機会を見つけて参加したいと思います。

感染者・濃厚接触者の対応につきまして

2020.03.11

みなさま、こんにちは。

新型コロナウイルスにつきまして、万一社員に感染者・濃厚接触者が出た場合の当社の対応方針をお知らせさせていただきます。

 

 

・社員本人が感染した場合

 本人は即療養。周囲の同僚社員についても、濃厚接触者(当社規定に準じて特定)は自宅にて待機いたします。

 

・社員の同居家族が感染した場合

 当該社員は自宅待機いたします。

 

・社員の同居家族が保健所より濃厚接触者と特定された場合

 同居家族が感染していない事が確認出来るまで、当該社員は自宅待機いたします。

 

・社員本人が体調不良になった場合(自宅検温で37.5℃以上の発熱)

 自宅にて待機いたします。待機により発熱、全身倦怠感、その他症状が消失してのち2日間は引き続き自宅にて待機します。

 

・工事業者に対しても、社員同様の対応を要請しております。

 

 

出来る限りご不便をおかけする事のないよう努めて参りますが、万が一にもお客様の大切なご自宅にウイルスを持ち込むことのないよう対応を徹底して参ります。

お客様におかれましては、何卒ご理解をいただきたくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス

2020.02.19

みなさま、こんにちは。

新型コロナウイルスについて、国内でも感染される方が出てきており、みなさま不安で落ち着かない日々をお過ごしの事と思います。

まずは、国内、また世界での感染の広がりが最小限に納まり、みなさまが感染される事なく無事に収束する事を心より祈っております。

 

今回、世界の工場と称される中国が発生源という事で、一部の住宅設備商品において、中国で生産される部品の供給遅延に伴い納期がかかる状況となっております。

これに伴い、ご相談をいただきながら、ご希望通りの工期でご対応出来ないケースが出てきております。

お客様にはご不便をお掛けいたしまして誠に申し訳ございません。

 

当社としましてはこの状況の中で、メーカーの最新情報入手に精一杯努めながら、みなさまからのご相談に出来る限り最善のご提案・ご対応を行ってまいります。

ご不安な事がありましたらまずはご相談をいただきたく、どうぞよろしくお願いいたします。

受験シーズン

2020.01.23

みなさま、こんにちは!

記録的な暖冬が続く毎日ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

私の住んでいる福岡県はこれから1週間程度の雨予報との事。

まるで梅雨?といったニュースも見かけますが、確実に気候の変動が起こっていっている事を日々実感しています。

 

そんな中、私の二人娘が揃って受験(長女が大学受験、次女が高校受験)を迎えておりますが、同じ大学受験生をもつ当社社員の方から「合格守」を送っていただきました!

東京都新宿区にある「皆中稲荷神社」は、江戸時代の言い伝えにより百発百中「皆中(みなあたる)の稲荷」と称され親しまれており、そちらのお守りです。(新宿に5年勤務してましたが、今回教えてもらって初めて知りました^^;)

 

自分の受験の頃とは、時代も大きく変わり、記憶も大きく遠のいた中、もはや何ら適切なアドバイスをする事も出来ず、当然勉強を教えてやれるほどの知識量も残っていないので、ただただ見守る事しか出来ません。

そういう身にとって、送っていただいたお守りは大変嬉しく有り難く、思わず投稿してしまいました。

 

これから2ヵ月後ぐらいには結果が出る訳ですが、どんな結果にしてもなかなかに貴重な体験にはなりますので、彼女たちには是非この状況を楽しんでもらいたいものだと思ってます。

 

皆中稲荷神社_合格守
皆中稲荷神社の合格守

 

令和2年 年始・安全祈願

2020.01.08

みなさま、こんにちは!

令和2年、仕事始めとなる1月6日に、本社のある北九州市小倉北区にある篠崎八幡神社にて、社員一同、協力業者の皆さんと共に安全祈願を行って参りました。

 

当社は、お客さまの大事なお住まいをリモデルさせて頂く上で、万一の事故を絶対に起こしてはいけないと安全配慮を最も重要な取組みと位置付け活動をしております。

1年間の仕事を始めるにあたり、改めて安全への強い取組みへの決意を社員一同と共に祈願して参りました。

 

本年一年間、安全第一を心がけて活動してまいりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

篠崎八幡宮